摂社 淺野稲荷社

加賀藩主三代の家来であった熊谷弥三右衛門という者が狩の途中で懐妊している白狐を逃がしてしまう
それが原因で弥三右衛門は藩主より暇を出された
職を失い困り果てた弥三右衛門は、小幡正次にお金を借り越前の國に行こうとした
ところが、 夢枕に助けた白狐が現れ江戸に行けば富貴を得ると告げる
弥三右衛門は白狐の言う通りに江戸に行き、白狐の守護を売り始めた
すると、その守護は病が治るとの評判を得、その商売はたいそう繁盛した
その頃、伊達藩主の奥方様が病に伏せり困っていた
伊達藩の家来達は、弥三右衛門の噂を聞きつけやって来た
そして弥三右衛門の白狐の守護を奥方様に持たせると、たちまち奥方様の病は治ったという
その後、弥三右衛門は伊達藩に召抱えられた
生活が安定した弥三右衛門は浅草に白狐の祠を建て、加賀の国で世話になった小幡正次にお金を返しにきた
ところが小幡正次は「金はいらぬ」と言う
そこで弥三右衛門は小幡正次に、このお金で白狐の祠の建立を勧め伊達に戻った
白狐の祠を建てた小幡正次も弥三右衛門同様、富貴を得たと言う
しかし、小幡正次の子孫は「どこの狐かわからんものを」と、白狐の祠を大切にせず
その祠を荒廃にまかせしところ、妖変及び狂気の者出で、お家は断絶
同じ頃、淺野の村の者が神懸かり、
「わしは小幡の白狐なり。わしを山王社(淺野神社)へ祀れ」と言った
そこで、淺野村の長老が山王社(淺野神社)神主にこの旨を願い出て
宝永4年(1707)4月28日 この白狐の祠を淺野神社の境内に遷し、倉稲魂神も同時にお祀りをした
遷座祭の夜は加賀の国中に光が射し神変を示したと言う

 

御祭神

倉稲魂神(うがたまのかみ)

 

祭礼

8月16日 淺野稲荷社 夏祭