淺野神社 縁起

滋賀県鎮座日吉大社を勧請元社とし、長徳3年(997)平安時代に創建『淺野山王社』と称す
一向一揆のため社殿・文書はことごとく灰となるが、その後再興
春4月の祭礼は神輿が渡御し、秋9月には流鏑馬を催し、その盛況ぶりは遠近に聞こえたりという
藩政時代の馬場は即ちその遺跡にして、浅野川の辺りに門を構えこの川を御手洗として当時は社地2万歩に及んだ
神遣いは『猿』、 神紋は『麻の葉』 拝殿内の額絵は『ひらがな盛衰記』を描いたもので
徳田秋声著「穴」にて、淺野神社拝殿で見た額絵のことが書かれている



御祭神

大山咋神(おおやまくひのかみ)
大己貴神(おおなむちのかみ)

合祀神
 天照大御神(あまてらすおおみかみ)
 春日四柱神(かすがよはしらのかみ)
 天満天神(てんまてんじん)

祭礼

歳旦祭 1月1日

祈年祭 2月21日

春季祭 5月10日~12日 (5月11日 例祭)

夏越大祓 6月30日

秋季祭 10月10日~12日

新嘗祭 11月23日